top mail is blog
いずりのべ
←Prev Next→
2019/12
1  2  3  4  5  6  7  
8  9  10  11  12  13  14  
15  16  17  18  19  20  21  
22  23  24  25  26  27  28  
29  30  31  

  • 藤田(4)
    しっかりサポートさせて頂きます!
  • 種井(19)
  • 平井(22)
  • 木村(1)
  • 坪山(0)
  • 吉田(10)
  • 山本(119)
  • 岡田(19)
  • 原田(19)
  • 上田(61)
  • 「引戸で出入り楽々、お...
  • 「好きな色で、素敵な睡...
  • 「安心R住宅」見学会
  • クロスについて♪
  • 出る竹は切られる。
  • 小さい家!
  • イズホーム狭山店グラン...
  • 給水配管調査
  • 復旧!エバーグリーン!...
  • いずりのべLINE@
  • 2015年12月(5)
  • 2016年01月(8)
  • 2016年02月(14)
  • 2016年03月(1)
  • 2016年04月(28)
  • 2016年05月(6)
  • 2016年06月(33)
  • 2016年07月(25)
  • 2016年08月(21)
  • 2016年09月(8)
  • 2016年10月(15)
  • 2016年11月(7)
  • 2016年12月(3)
  • 2017年01月(4)
  • 2017年02月(9)
  • 2017年03月(10)
  • 2017年04月(7)
  • 2017年05月(10)
  • 2017年06月(10)
  • 2017年07月(8)
  • 2017年08月(8)
  • 2017年09月(8)
  • 2017年10月(1)
  • 2018年03月(5)
  • 2018年04月(4)
  • 2018年05月(3)
  • 2018年06月(5)
  • 2018年07月(4)
  • 2018年08月(1)
  • 2018年09月(1)
  • 2018年10月(2)
  •  
    だから不動産業者は不要です。

    こんにちは
    岡田です。

    弊社の不動産物件仲介についての考え方を説明します。
    今回のお話しは、ちょっと抽象的に感じられるかもしれません。
    わざと、そうしてます。

    しかし、とても大事です。

    ひと昔前と異なり、不動産情報はスーモやホームズその他の検索サイトを利用して誰でも簡単に、検索できる時代です。
    こんな時代に、不動産業者が存在する意味とはなんでしょう。
    不動産業者に行かなくても、ご自宅で、寝転がりながら、スマホで、指先で、ちょちょっとすれば、簡単に、即座に、あっさりと見つけることができます。
    だから不動産業者は不要です。
    だから不動産業者は不要です。
    だから不動産業者は不要です。
    だから不動産業者は不要です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    と、言い切っていいでしょうか。
    そうじゃないんですよね。
    だからこそ、不動産業者が必要になるのです。
    情報が氾濫する時代、情報の海におぼれている人が続出しています。
    情報を知っていることと、情報の意味を正しく理解すること
    この間には大きな、大きな、モンスターレベルの
    深い、深い、断崖絶壁があります。
    これは、不動産だけではなくて、どんなことにも当てはまるはずです。

    多くの人は、表面的な知識をgoogleで調べて、かまずに、飲み込んで、
    食べた気になっています。

    たぶん、ほとんどが消化不良で排泄されるのに。

    もう、何が言いたいか気が付かれたと思います。

    不動産業者が提供しなければならないのは、情報ではないのです。
    情報を理解する知恵、考え方、視点を定めるポイント、分析の切り口、
    などの、

    情報の上位に位置する概念

    です。

    これに、価値があるんですね。
    もっと言えば、これにしか価値はありません。
    だから、ただの情報提供屋さんは、そのうち無くなるでしょう。

    以上、かなり簡単に、そしてわざとわかりにくく書きました。

    でも、大事な考え方です。

    今回は以上です。

    次回はこの考え方に基づいて、具体的に弊社が何をしようと企んでいるのか?

    その秘密を少しだけ暴露しようと思います。
















    岡田 2018.03.25

     

    PAGE TOP